ありがとう日和

日々、"ありがとう" の気持ちを持って過ごしています。そんな日常を発信しています。

家庭菜園 野菜の苗植えました。

こんにちは😀

妻がやっている家庭菜園の手伝いをしました。

先日トラクタで肥料を混ぜ込んだ所に、妻が畝を作り、マルチを張っていました。

ホームセンターで野菜の苗を買ってきたので植え込みのお手伝いです。

植えた野菜は、 トマト3種類(あまぷる、こあまくん、大玉トマト) 茄子3種類(とろとろステーキナス、実がつきやすいトゲなしナス、超やわらかナス) キュウリ2種類(イボなしキュウリ、風神) ウイルスに強いズッキーニ ミニ栗カボチャと普通?のカボチャ ほとんどが接ぎ木タイプです。

そして、とうもろこしは、苗ではなく種をポットにまいて、芽が出るのを待っているところです。

私の担当は、マルチに穴を開けて苗を植える係です。 妻は、苗の近くに支柱を差し、苗を支柱に苗を固定する係です。 その後、風避けを被せるために4本支柱を立てます。 それに風避けを被せ、最後に水をやって完了です。

f:id:arigatobiyori:20210419224640j:plainf:id:arigatobiyori:20210419224721j:plain
苗を植えて支柱を差したところと、風避けを被せたところ

家庭菜園を始めて数年となります。(妻がやってます。私はノータッチで少しお手伝いをする程度です。) はじめは分からない事だらけなので、ご近所さんに教わりながらでしたが、要領が分かってきたのか慣れてきた様子です。 でも毎年勉強です。 教えてくれるご近所さんがいてくれるのでありがたいです。

近くの川にカモが二匹いたので写真を撮りました。

f:id:arigatobiyori:20210419224323j:plain
カモが2匹いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

種籾のヒゲとり

こんにちは😀

田植えに向けて色々と作業が待っています。 その内の一つが種籾のヒゲとりです。

種籾は、秋の収穫時に翌年植える分を棚籾として置いていたものです。数年に一回は農協から種籾を買います。

収穫したままだと、籾にヒゲみたいに伸びている「のげ」が付いているので、そのままだと具合が悪いので取り除く作業が必要になります。

f:id:arigatobiyori:20210418210336j:plain
ヒゲとり前

具合悪い内容とは? 機械でパレットに均一に種籾を巻くのですが、ヒゲがあると上手く巻けないのです。

そのヒゲとりを「脱芒機」という機械で行います。 種籾は2種類で「キヌムスメ」「ヒノヒカリ」です。

f:id:arigatobiyori:20210418211237j:plain
ヒゲをとる機械

ヒゲとり作業開始

作業はとても簡単で、種籾を上から入れるだけです。すると、ヒゲが取れた種籾が出口から出てくるのでそれを袋に受けるだけです。

作業途中でアクシデント発生。

種籾がホッパーに入っているのに出口から種籾が出てこない! 一旦、種籾をホッパーから取り出し、機械のカバーを外し中を確認。 すると中の回転部分にヒゲが結構絡んでいたのDで、コンプレッサーで吹き飛ばしました。 以前にも出てこなかった事が有りましたが、ヒゲが絡んでいるのは初めて見ました。大概は籾をとって入れ直すだけで復帰します。 以前もヒゲが絡んでいたのを気付かなかっただけかも?

種籾の種類を変える時は、種類が混じらない様に注意を払います。出口から種籾が出なくなってから一旦電源をOFFにして、コンプレッサーで中を吹き飛ばし次の品種に変更です。

f:id:arigatobiyori:20210418211436j:plain
ヒゲとり後

作業時間は、およそ1時間。

これで本日の作業はおしまいです。

それにしても機械があるので非常に助かります。 ありがたいですネ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

畑の水口整備

こんにちは😀

以前から畑の水口を整備したかったので、本日はそれに時間を使いました。

田んぼにあぜ板で仕切って畑にしている場所が有ります。 米作り時期には水路に水が通るので、その畑に水口から水が入って来て困っていました。 その水口は元々田んぼの出水口で使用していたものです。 毎年ここを何とかしたいと、板でせき止めしているのですが隙間から水が入ってきます。 2重に関をして間に土を入れれば完全に関が出来ますが、これでは雨が降って水がたまった時に排水出来ません。

f:id:arigatobiyori:20210414201209j:plain
問題の水口

別の田んぼに付けて実績のある「水番スマート」と言う商品を付けてみようと考えました。

「水番スマート」の幅より水口の幅の方が広いので隙間を無くさなければいけません。 水番スマートにはあぜ板を接続出きるので、それを接続して、あぜ板を水口の隙間幅にカットすれば出来るはず。

f:id:arigatobiyori:20210414201340j:plainf:id:arigatobiyori:20210414201413j:plain
あぜ板カット前と後

早速あぜ板をカット、ちょっと長めにカットしてから微調整。 上手いこと出来たかな! 「水番スマート」に接続する塩ビパイプも適当にカット。

水口に出来上がったものをはめ込み、周りをコーキングして作業は終了。

f:id:arigatobiyori:20210414201751j:plain
水番スマート設置後

これで普段は水が入らない。 はず? 雨が降れば畑側に水がたまりますが、水路の水も止まりますので、排水できます。のはず?

水が来てからで無いと結果は分からないので、それまでのお楽しみ! 結果問題があり、修正が必要な場合はその時に考えよっと。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

トラクタ 初めての爪交換

こんにちは😀

ラクタの爪摩耗が激しくなっているので、新しい爪を農機具屋さんに頼んでいました。 1ヶ月以上前に入荷していたのですが、交換時期を逃していました。 本日午後から雨予報だったので、爪交換なら出来る。絶好のチャンスだと思い作業開始です。

今までは、農機具屋さんにお願いして爪交換をしてもらっていましたが、自分で出来る事はやっていこうと思い、爪交換用の長いラチェットを購入していました。これが無いと凄くやりにくいと思います。便利なものがあり、ありがたいです。 今回初めて自身での交換作業です。 うまいこと出来るかな?

f:id:arigatobiyori:20210414092453j:plain
作業前

f:id:arigatobiyori:20210414092828j:plain
爪交換用ラチェット

まず一本目 ラチェットでビスを外す際にロータリーが回転しないように、PTOのギアを入れた状態にします。 これで、ラチェットを回す準備OK。 ビスを外し、摩耗した爪を取り外します。 爪取り外しが硬い場合は「コン、コン、コン」と軽く叩いてやるとすんなり外れます。 ビスも替えたかったのですが用意してませんでした。 ビスのネジ山にグリスを塗るのが良いかと思いグリスUP。 摩耗した爪を抜いた所に土埃が残っているのでコンプレッサーで「シュッ」と吹き飛ばし。 新しい爪を差し込みビスをラチェットで締め付ければ一本完了。 全部で2時間位かかるかな?

f:id:arigatobiyori:20210414092637j:plain
爪の摩耗具合

次に隣の爪を交換するには爪がカバーに当たり交換出来ないのでPTOのギアをニュートラルにしてロータリーを回転させて交換しやすい位置にし、PTOのギアを入れ次の爪交換の準備OK。

これの繰り返しになるのですが、ふと気付きました。 爪を端から順番に替えてるけど、ロータリーを回転させ無くても交換出来る所からやれば、一回一回ロータリーを回さなくても済むではないかい!と気付き(気付くの遅)効率良く交換出来るように工夫。

途中で近所ののおばちゃんが覗きに来てくれました。 そこもトラクタの爪を交換するようです。

地道に交換していって、 ようやく全て交換が終わりました。 2時間位と見込んでいたのですが、時間を見ると3時間位かかっていました。

f:id:arigatobiyori:20210414092959j:plain
作業後

いつも思うのですが、「農作業って、なんやかんやで結構時間がかかるなっ」て感じます。 ゆったり時間なので、作業の進みもゆったりになります。これが農業ですかね?

作業が終わり、ロータリーを空回転させ動作チェック。後は耕耘作業で上手いこといくかです。 確認するまでは少し心配です。 多分大丈夫(根拠の無い自信)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

ローラー台トレーニング

こんにちは😃

昨年来どうも自転車、ランニング共にトレーニング習慣が無くなってしまいました。 大会や目標があると自然とトレーニング出来るのですが、そうでない場合は気合いを入れないと出来ません。 と言う事は習慣化されていないと言うことですね。 習慣となるために環境を変える工夫を考えてみます。 休みの日は何かと用事があるので(特に農繁期)トレーニングはもっぱら夜になります。 夜は自転車の実走は危ないのでローラー台のトレーニングになります。 そこで環境作りとして

-ローラー台を片付けずにセットしておく

これは準備するハードルが下がって良いと思いますが普段の生活の邪魔になりそうなのでNGか?

色々と考えよう。

タイミングとしては夜ご飯食べて少し落ち着いたらトレーニングと決めています。

タイミングを決めておくのは有効です。 皆様もぜひお試しを。

前置きが長くなりましたが、40~50分ぐらいローラー台で回そうと開始しました。

「最近交換したサドルの感じを試そう」の思いもあり感触を感じながらのトレーニングです。 今日は、レーパンをはかずにランニング用のウェアです。それが影響してかパンツのライン辺りが痛くなって来ました。少しこいだだけなのに! その痛みと運動不足での息切れで約30分でご臨終。

f:id:arigatobiyori:20210411234712j:plain
レーニング中

平均心拍;107 多分上手く計れてません 平均ケイデンス;76 時間;32分

f:id:arigatobiyori:20210411235055j:plain
サドル位置
; サドルのせいなのか、レーパンで無いせいか、それとも身体のせいなのか? 前のサドルで、レーパンで無い時も有りましたがこのような痛みはなかったので、レーパンで無いせいではないと思います。 身体は、一旦この痛みが治れば次回様子見とします。 残りは、交換したサドルのせいか? 取り付け位置は一番前よりに取り付けていますので少し中央寄りに変えようと思います。 サドル事態のせいと思いたくないので角度、位置調整で試してみます。

タイヤを23C⇒25C(グランプリ5000)に交換した走りの変化も気になるので、早いうちに実走したいと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ロードバイク タイヤ交換しました

こんにちは😀

先日、サドル交換した時に発覚したタイヤ不良。 ようやくタイヤ交換しました。

今回タイヤとチューブ同時交換を行いました。 それが安心です。安心がなにより。

タイヤ交換にあたりどのタイヤを買おうかとAmazon等を見ていました。 色々とネットを見ているとコンチンネンタルのグランプリ500が評判良かったのでそれに決めました。 普段はそんなにこだわらないのですが、直接路面と接触するところなので、費用の割りに走りに対し効果が有るかなぁと思いこれに決めました。 チューブは元々あったビットリアを使用します。 予備としてIRCのものを購入。これは対パンク性が良いとの記事があったのでこれにしました。 あっそれとタイヤは23Cだったのを、25Cに変えました。 最近の流れにのる形です。しかし今回は後輪のみ交換なので、前輪は23Cのままです。 これで良いのか? 疑問が残りながらも、前輪は次回機会がある時に交換とします。

既存タイヤの取り外し

スプロケットを一番小さい方にして自転車をひっくり返します。 サドルは少し前に新しいのに交換したばかりで傷つけたくないので、サドル下にざっしを敷いて保護します。 後輪を取り外し、タイヤ交換の準備OK

タイヤ交換

タイヤレバーを使ってタイヤの片側をめくります。 その後、チューブを取り出しタイヤをリムから取り外すのですが非常に硬い。 あまり経験が無いので、レバーを駆使し適当に力を入れ何とか取り外し出来ました。

f:id:arigatobiyori:20210410212718j:plainf:id:arigatobiyori:20210410212756j:plain
タイヤ交換前と後

次に新しく買ったグランプリ5000を取り付けます。 これもまたリムへの取り付けが硬いです。 悪戦苦闘しながら片側をはめる事が出来ました。

が、しかし重大なミスが発覚。 タイヤの方向が反対でした。 1/2の確率なのに見事反対でした。 これもタイヤ交換の練習と思い、再度取り外しです。しかし硬いですね。 そう言えば前回タイヤ交換した時も、脱着に苦慮した記憶が微かに残っています。 気を取り直してタイヤはめ込み、チューブを入れ込み、少し空気を入れてチューブの状態を確認し交換完了です。 長期間保管していたチューブのゴムの状態のせいか、最初チューブに空気の入りが悪く、うまく入りませんでした。しかし、一度入り出したらすんなり入りました。

後輪の取り付け

後輪を自転車に取り付けて作業を終わりました。

先日交換したサドルと共にタイヤ交換後の試走は別の日に行います。 楽しみ、楽しみ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

家庭菜園 夏野菜栽培に向けて

こんにちは😀

今回妻のご依頼で、家庭菜園場の耕耘作業を行ってきました。

家庭菜園については妻のやりたいようにやっているので、私は依頼があれば手伝っている程度です。 これから、夏野菜栽培に向けての準備となります。 1ヶ月位前に耕耘した菜園場に肥料をまいたので 鋤き込んでほしいとの事です。

f:id:arigatobiyori:20210409183115j:plainf:id:arigatobiyori:20210409183137j:plain
耕耘前と後

肥料は、ホームセンターで買ってきた「牛ふん堆肥」と、昨年米収穫の時に取っておいた「籾殻」をまいたようです。

本人も何をしたら良いか分かってないようですが、近所の大先輩が色々と教えてくれています。 ありがたいです。 私も米作りを初めて数年なので、分からない事は近所の大先輩方に聞いて勉強させてもらってます。 本当に感謝です。

今回、2箇所を作業してきました。 トラクタで耕していると、必ず鳥がお腹を満たしにやってきます。 賢いですネ! ※写真に小さく写っています

夏野菜は何だろうな。 停年通りだと、「坊っちゃんカボチャ」「茄子」「万願寺とうがらし」「トマト」場所が空いてれば「トウモロコシ」なので、今年もこんな感じかな。 楽しみ、楽しみ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村